PRESS RELEASES

20 Sep 2018

アストンマーティン、プロジェクト“003”ハイパーカーの製作を発表

  • 新しいハイパーカーのコードネームは、プロジェクト“003
  • アストンマーティンが製作する第 3 のハイパーカー
  • 革新的な新しいミッドエンジン・ハイパーカーには、アストンマーティンヴァルキリーに 導入されるテクノロジーを採用
  • 市場への導入は  2021 年後半
  • 生産台数は世界限定 500
 
2018 年 9 月 20 日、ゲイドン(英国): アストンマーティンは、プロジェクト“003”の詳細を初公開し、ミッドエンジン・ハイパーカー 市場へ参入するための次のステップを踏み出します。
  
プロジェクト“003”は、アストンマーティンヴァルキリー(プロジェクト“001”)とヴァルキリー AMR Pro(プロジェクト“002”)に続いて、アストンマーティンが開発する第 3 のハイパー カーです。“003”は、現在開発が進行中の公道走行可能なヴァルキリーとサーキット専用 モデルのヴァルキリーAMR Pro の革新的なコンセプトとテクノロジーが幅広く採用されます。
 
プロジェクト“003”は、軽量構造ボディを備え、ターボチャージャー付きのガスエレクトリック
 
方式のハ イ ブ リ ッ ド エン ジ ン が 搭 載 さ れ ま す 。 公 道 走 行 可 能 な 車 とし て は 驚 異 的 な ダウ ン フ ォ ー ス を 発 生 する 優 れ たエ ア ロ ダイ ナ ミク ス 、非 常 に 高い 精 度 を 特 徴 と する アクティブ・サスペンション・システム、アストンマーティンヴァルキリーおよびヴァルキリー AMR Pro を彷彿とさせるドライバー・コントロール・システムを組み合わせたプロジェクト “003”は、公道およびサーキットの両方で、ハイパーカー・クラスをリードするダイナミクスを 発揮します。
 
幅広い領域における卓越したパフォーマンスは、プロジェクト“003”の重要なハイライトと なりますが、この車は日常走行にも適した室内およびラゲージ・スペースも提供できるよう に設計されています。すべての市場で型式認証を取得可能で、左ハンドルと右ハンドルの 両タイプが用意されるプロジェクト“003”クーペは、全世界 500 台限定で製造されます。 納車は、2021 年後半から開始される予定です。
 
アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ CEO のアンディ・パーマーは、次のように 述べています。「アストンマーティンヴァルキリーは、一度限りのプロジェクトになると常に 言及してきました。しかし、ヴァルキリーの遺産を次の世代へと受け継ぐことは、私たちに とっ て 必要不可欠な こ とでし た 。ヴァ ル キリ ー 直系 の こ の車 は、ハイ パー カー 市場に おける独自の領域で 新たな 基準を設定し、アストンマ ーティンの量産モデルと並行して ラインナップを構成する、高度に専門化された限定モデルという役割が与えられることに なるでしょう。今回、プロジェクト“003”を発表することができて、大変嬉しく思っています。 私たちは、この車ととも に、ダイナミックで エキ サ イティングな 次のス テップを踏み出し ます。」