アストンマーティン、2020 FIA世界耐久選手権でドライバー&マニュファクチャラー部門のダブル・タイトルを獲得

  • アストンマーティンが世界最高峰のGT選手権で再びタイトルを獲得
  • ニッキー・ティームとマルコ・ソーレンセンのデンマーク組が2度目のWECドライバーズ・タイトルを獲得
  • アストンマーティンが、ポルシェとフェラーリのワークスチームを退けてWECダブル・タイトルを獲得

2020年11月14日、バーレーン:
2019-20 FIA世界耐久選手権(WEC)の最終戦となるバーレーン8時間レースが11月14日に開催され、マニュファクチャラーズ・タイトルを既に獲得しているアストンマーティンのニッキー・ティーム(デンマーク)とマルコ・ソーレンセン(デンマーク)がドライバーズ・タイトルを獲得しました。
 
アストンマーティンVantage GTEは、9月に開催されたル・マン24時間レースにおいて、GTE ProおよびGTE Amクラスの両方で優勝し、最終戦を残した状態でマニュファクチャラーズ・タイトルを確定させていました。今回のレースでは、ニッキー・ティーム(デンマーク)とマルコ・ソーレンセン(デンマーク)が2016年以来、2度目のドライバーズ・タイトルに輝きました。
 
今年はアストンマーティンにとって、1959年以来もっとも成功したレースシーズンとなりました。今シーズンは、すべての主要なレースで、手ごわいライバルであるポルシェとフェラーリのワークスチームを退け、ル・マンではダブル・クラス優勝を収め、2つの世界タイトルを獲得した初めての年となりました。
 
最終戦のバーレーン8時間レースで、このデンマーク人コンビは5位でフィニッシュし、合計172ポイントを獲得して、チームメイトのマキシム・マルタン(ベルギー)に12ポイントの差をつけて、タイトルを獲得しました。年間ランキング2位となったマルタンは、アレックス・リン(英国)とコンビを組んで、今年のル・マン24時間レースで優勝しています。マキシム・マルタンは、バーレーン8時間でリンの代理を務めたリチャード・ウエストブルック(英国)とコンビを組んで4位でフィニッシュしました。
 
新型Vantage GTEは、WEC参戦わずか2年目のシーズンで快挙を達成しました。今季は、Covid-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックの影響で、モータースポーツ史上もっとも長いシーズンとなりました。その中で、Vantage GTEは8回のクラス優勝を果たしました。その内の4回はGTE Proクラスでの勝利で、ティームとソーレンセンは、富士6時間耐久レース(第2戦)、バーレーン8時間(第4戦)、米国で開催されたローン・スター・ル・マン(第5戦)を制しています。
 
さらに、スパ・フランコルシャン6時間レース(第6戦)では2位、ル・マン24時間レース(第7戦)では3位表彰台を獲得、上海4時間レース(第3戦)では一時はトップを走行していましたが不運なアクシデントによって5位となり、チームメイトの97号車の猛追をかわして年間タイトルを獲得しました。その97号車のステアリングを握るマルタンとリンは、ル・マン24時間レースで輝かしい勝利を収め、それ以前のレースでも4回の表彰台を獲得しています。
 
「信じられない気持ちです」と、ティームはコメントしています。「チャンピオンシップでタイトルを獲得するために、ハードワークを続けてきました。永遠に続くのではないかと思うくらい長い道のりでした。そして、この数か月間は、マルコとともにすべてをレースに捧げてきました。Vantage GTEは、シーズンを通して完璧な戦闘力を示してくれました。そして今、タイトルを獲得できたことを、本当に誇りに思っています。アストンマーティンとともに2度の世界チャンピオンを獲得することができたことは、一生の思い出となります。チーム、アストンマーティン、WEC、そしてすべてのファンの皆様に感謝します。これ以上、言葉では語り尽くせません。」
 
ソーレンセンは、次のように付け加えています。「今季は、サーキットの中でも外でも非常に厳しいシーズンとなりました。素晴らしいマシンを提供してくれたチームの全スタッフのおかげで、世界タイトルを獲得することができました。Vantageは、年間を通して高い戦闘力を維持し、常にトップグループで戦うことができました。ドライバーは、レースを全力で走ることしかできませんので、素晴らしいマシンを手に入れることは、すべてのドライバーの夢だと言えるでしょう。素晴らしいマシンがあれば、レースで勝利して、チャンピオンを獲得できることを、私たちは証明したのです。」
 
アストンマーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは、次のように述べています。「長年にわたって、アストンマーティンVantage GTEは、素晴らしいポテンシャルを示してきました。2018年に投入されたモデルは、世界選手権で優勝するために開発され、9月に開催されたル・マンでそれを見事に証明してみせました。しかし、参戦わずか2年目にして、これほど多くの栄冠を勝ち取ることは、極めて特別なことです。このようなことは、モータースポーツの世界では、稀にしか起こりません。この快挙は、まさに賞賛に値するものと言えるでしょう。私たちは、アストンマーティン・ブランドとして、今シーズンにアストンマーティン・レーシングが達成したことを非常に誇りに思っています。素晴らしい仕事をしてくれた、ドライバーとチームに感謝します。また、選手権を運営し、一緒に戦ってきた、ライバルの面々、FIA、WECのスタッフにも感謝の意を表明します。」
 
 

# # #

IMAGES GALLERY

1817DGWEC201920Bahrain2-jpg

2042DGWEC201920Bahrain2-jpg

3249DGWEC201920Bahrain2-jpg

4870DGWEC201920Bahrain2-jpg

5432DGWEC201920Bahrain2-jpg

5637DGWEC201920Bahrain2-jpg

6260DGWEC201920Bahrain2-jpg

6424DGWEC201920Bahrain2-jpg

6555DGWEC201920Bahrain2-jpg

6580DGWEC201920Bahrain2-jpg

Load more