アストンマーティンがセント・アサンで最初の車両を生産

  • アストンマーティン第二の生産拠点で車両の生産を開始
  • 2020年上半期にセント・アサンでフル操業を目指す
  • アストンマーティンDBXの公道テストは継続

2019年6月12日、セント・アサン(英国):
アストンマーティン初のSUVモデル、アストンマーティンDBXの最初の量産前モデルの生産がアストンマーティン・ラゴンダの第二の生産拠点で始まりました。
 
アストンマーティンは、ウェールズ州セント・アサンの元英国国防省の3つの“スーパーハンガー”(格納庫)を含む90エーカーの敷地全体を、最先端の生産拠点に改築することを2016年初頭に発表しました。セント・アサンは、アストンマーティン・ラゴンダにとって第二の工場となります。
 
英国におけるアストンマーティンの継続的な投資の一環として建設されるセント・アサン工場は、現在までに200人の雇用を創出し、その数は最大550人に拡大すると予想されています。この投資の直接の結果として、サプライチェーンと地元企業全体で、さらに3,000人の雇用が生み出される見込みです。
 
セント・アサン工場は、ブランド初のSUVモデルであるアストンマーティンDBXの専用工場となります。SUVセグメントは、ラグジュアリー・マーケットにおいて急成長を遂げています。さらに、この工場はアストンマーティン・ラゴンダの“電動化の拠点”となり、ラゴンダ・ブランドの車両の生産も行われることが昨年発表されました。
 
ウェールズ州の郊外で昨年から開始されたDBXの公道テストは、今後も継続して実施されます。ラグジュアリーSUVは、都会だけでなく、路面状態が悪いオフロードでも乗員が快適に過ごすことができます。DBXは、過去数ヶ月にわたり、極寒の北極圏からニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)に至るまで、あらゆる過酷な環境下で試験が繰り返されてきました。
 
アストンマーティン・ラゴンダ社長兼最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように述べています。「私たちの第二の生産施設がついに車両の生産を開始しました。これは、アストンマーティン・ラゴンダにとって記念すべき瞬間です。2020年の第1四半期には、フル操業するための準備も整っています。弊社の副社長兼最高生産責任者であるキース・スタントン率いる施設および生産チームが素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、フル操業が開始されるほぼ1年前に、予定通りに、そして当初の予算内で工場の準備を整えることができました。」
 
アストンマーティンDBXは、2019年末に発表される予定です。
 
こちらのプレスリリースに関する画像は下記よりダウンロード可能です。
https://we.tl/t-wNdDChv0Ua
 
# # #

IMAGES GALLERY

Aston Martin DBX at St Athan01-jpg

Aston Martin DBX at St Athan02-jpg

Aston Martin DBX at St Athan03-jpg

Aston Martin DBX at St Athan04-jpg

Aston Martin DBX at St Athan05-jpg

Aston Martin DBX at St Athan06-jpg

Aston Martin DBX at St Athan07-jpg

Aston Martin DBX at St Athan08-jpg

Aston Martin DBX at St Athan09-jpg

Aston Martin DBX at St Athan10-jpg

Aston Martin DBX at St Athan11-jpg

Aston Martin DBX at St Athan12-jpg

Aston Martin DBX at St Athan13-jpg

Aston Martin DBX at St Athan14-jpg

Aston Martin DBX at St Athan15-jpg

Aston Martin DBX at St Athan16-jpg

Aston Martin DBX at St Athan17-jpg

Aston Martin DBX at St Athan18-jpg

Aston Martin DBX atSt Athan19-jpg

Aston Martin DBX at St Athan21-jpg

Aston Martin DBX at St Athan22-jpg