PRESS RELEASE

アストンマーティン・レーシングが、V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作

  • V8 Vantage GTEのスペシャル・エディションが、Red Bull Soapbox Raceに参戦
  • 参加者は、スピード、創造性、娯楽性で評価。アストンマーティン・チームは、ルマンで優勝したV8 Vantage GTEの成功の再現を目指す

2017年7月7日、ゲイドン(英国):

アストンマーティン・レーシングは、7月7日(日)にロンドンのアレクサンドラ・パレスで開催される「Red Bull Soapbox Race」(レッドブル・ソープボックス・レース)で、今年のルマン24時間レースでクラス優勝を果たしたV8 Vantage GTEのスペシャル・エディションを発表しました。ソープボックス・レースは、動力を持たない手作りカートで、障害物のある坂道を下っていくレースです。アストンマーティン従業員の有志チームは、「24 Seconds of Le Ally Pally」(アレクサンドラ・パレス24秒間レース)に参戦するため、V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作しました。

アストンマーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは、次のようにコメントしています。「これほど大きなプロジェクトに挑戦するためには、あらゆる能力と叡智を結集することが重要です。アストンマーティンのV8 Vantage GTEは、サーキットで大きな成功を収めていますので、ソープボックス・レースに参戦するマシンを製作することは当然の決断でした。しかし、我々は、次の世界耐久選手権を来週に控えているため、このレースにオフィシャル・ドライバーを投入するわけにはいかないのが残念です!」

アストンマーティンは、レッドブル・レーシングと革新的なパートナーシップを成功させていますが、今回のイベントにおいて一切の優遇措置はありません。今回のレースは、参加者全員が同じ条件で戦うため、アストンマーティンのクルーは、最新の注意を払って準備を進めました。

104年前、黎明期のアストンマーティン・レースカーは、ヒルクライム・レース用に設計されていましたので、そのときの知識を活かすことが開発のポイントとなります。アストンマーティンのV8やV12エンジンのサウンドを愛する方々にはあまり良いニュースではありませんが、今回のレースでは、もっと静かなパワーソース(つまり重力!)が搭載されます。このマシンは、アストンマーティンがデザインとエンジニアリングを担当し、ニューポートパグネルのアストンマーティン・ワークスで製造されました。製作にかかわったのは、イベント好きの有志チームです。

参加者は、スピード、見た目、そしてデザインの創造性で評価されます。さらに、娯楽性でも判断されるため、その部分は、ルマン優勝ドライバーのダレン・ターナー(英)とジョニー・アダム(英)が手伝ってくれました。人を楽しませるのが大好きなこの2人のレーサーは、このミニチュアVantageのレースにボランティアとして挑戦し続けている、アストン・マーティン・プロトタイプ・オペレーションズのシニア・エンジニア、アレックス・サマーズをサポートします。

「Red Bull Soapbox Raceは何度も見ていますのが、今回のレースはもっとも見ごたえのあるものになりそうです。このマシンが実際に走るところを早く見てみたいです」と、ターナー。「私が運転するのは絶対に無理ですが、勇敢なアレックスがコミカルに走るのを応援するのを楽しみにしています。アレックスが24秒間マシンをコントロールできることを願っていますが、もっとも重要なことは、最後まで無事に走りきることです!」

チケットは売り切れましたが、日曜日の17時(現地時間)から、Dave(Sky 111、Freeview 12、Virgin 127)でレースの模様を見ることができます。ファンの皆さまは、ウェブサイト(http://www.redbullsoapboxrace.com/uk/en/team/24-seconds-of-le-ally-pally/)から、アストンマーティン・レーシング・チームに投票することもできます。

V8 Vantage GTEスペシャル・エディションの画像は下記よりダウンロード可能です。

https://we.tl/KZy28eWGlN