PRESS RELEASE

アストンマーティンDB11
​「On Ice」プログラムでアジア太平洋デビュー

  • アジア太平洋地域のお客様がDB11を初めてドライブ
  • 「New Zealand On Ice」向けに用意されたモデルのうちの1台として登場
  • 50人のお客様が、アジア太平洋地域で初開催された「Art of Living by Aston Martin」イベントを体験

2016年9月1日、クイーンズタウン(ニュージーランド):
新型アストンマーティンDB11が、アジア太平洋地域でデビューを果たしました。ニュージーランドで初開催された壮大なスケールの氷上をドライブする「On Ice」プログラムに登場しました。このイベントでは、ニュージーランドの広大な自然の下で、世界中から参加した合計50人のお客様が、新型DB11を含む最新のアストンマーティン・ラインナップのスリリングなドライビングを楽しみました。

今年の4月に発表された「New Zealand On Ice」は、世界中のお客様からかつてない大きな反響を呼び、参加枠はすぐに予約で埋まってしまいました。

参加者は、2016年8月22日~28日に実施されたイベントで、「南半球走行試験場」の氷上走行施設に設営され、雪と氷に覆われた様々なコースにおいて、アストンマーティン・スポーツカーのドライブを体験しました。プロのインストラクターによる指導の下、ゲストの方々は、ドライビング・スキルに磨きをかけ、アストンマーティン・ラインナップのダイナミックなパフォーマンスを堪能しました。ゲストの方々は、風光明媚なリマーカブル山脈の麓に位置する、クイーンズタウンのラグジュアリーな5つ星ホテル、ミルブルックリゾートに宿泊しました。

「New Zealand On Ice」は、アストンマーティンによる「Art of Living」プログラムの下で提供される最初のイベントです。このプログラムは、最先端のテクノロジー、アイコン・デザイン、卓越したクラフツマンシップによる製品ラインナップと、真にビスポークなパーソナライゼーション・プログラムを実現するアストンマーティンの伝統を体験していただく、稀有な機会を提供するものです。2017年に開催される「New Zealand On Ice」プログラムに参加を希望されるお客様は、こちらから登録可能です。

アストンマーティン・アジア・パシフィック社長のパトリック・ニルソンは、次のように述べています。「アストンマーティンDB11は、輝かしいDBの血統を受け継ぐ、きわめて重要なモデルです。今回のイベントでは、DB11がアジア太平洋地域でダイナミックなデビューを飾り、非常にユニークな環境で、お客様にこのパワフルなニューモデルを体験していただくことができました。DB11の最初のドライビング・インプレッションを聞き、ステアリングを握ったお客様の喜びの表示を見ることができて、大変嬉しく思っています。また、このイベントは、氷点下のニュージーランドにおいて、クルマが問題なく走行できるという、弊社の包括的なエンジニアリング・プログラムの優秀性を証明するものでもあります。DB11には、アジア太平洋地域全体から、かつてない程の大きな期待が寄せられています。この需要は、2017年を通して続くと期待されています」

アストンマーティンの新時代のデザインを予見させるDB11は、DB2/4、DB5、そして最近ではジェームズ・ボンドのために特別に開発されたDB10と続いてきた、伝統の系譜を受け継ぐ最新のランドマーク・モデルです。DB11には、新鮮なデザイン・シグネチャーが散りばめられ、形態と機能の新たな関係を創造しています。

アストンマーティンの方程式に則り、DB11のエンジンはフロントのボンネット下に搭載されます。一方、他のモデルとは異なり、DB11の心臓部には、新開発された5.2リッターV12ツインターボ・エンジンが搭載されます。自社設計されたこの新エンジンは、608PSの最高出力と700Nmの最大トルクを発生します。このエンジンを搭載するDB11は、史上もっともパワフルなロードゴーイングDBです。DB11は、0〜100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は322km/hに達し、ダイナミクスと加速の点でもDB史上最速です。

DB11のメーカー希望小売価格は、23,800,000円からに設定されています。日本におけるDB11の納車は、2016年末からを予定しています。

「New Zealand On Ice」の画像と映像は下記よりダウロード可能です。