PRESS RELEASE

リミテッド・エディションのVanquish ZagatoおよびVantage GT8が東京でデビュー

  • アストンマーティン・スペシャル・プロジェクトの最新モデルを公開
  • 両シリーズとも「完売」しているため、コレクターズ・マーケットに大きく訴求
  • 日本に導入されるVantage GT8はわずか5台、Vanquish Zagatoは2台

2016年8月3日、東京:
アストンマーティンは、昨日、リミテッド・エディションのVanquish ZagatoおよびVantage GT8を東京で公開しました。青山の高級家具店で開催されたイベントに参加したゲストの方々は、アストンマーティン・スペシャル・プロジェクト部門によって製作された限定生産モデルを、一般に先駆けて間近で見ることができました。

躍動感溢れるデザインが特徴のVanquish Zagato Coupeは、イタリアの有名なカロッツェリア、ザガートとアストンマーティンの長期間に及ぶパートナーシップから生まれた最新作です。Vanquish Zagatoのコンセプト・バージョンは、2016年5月にイタリアのコモ湖畔で開催された有名なヒストリックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で発表され、大きな称賛を受けました。今回、お客様からのかつてない強い要望を受け、英国ゲイドンのアストンマーティン・ファクトリーにおいて、99台限定で生産されることになりました。 全生産分はすでに「完売」となっていますが、日本向けには2台が確保されています。

Vanquish Zagatoは、50年にも及ぶアストンマーティンとザガートのコラボレーションによって誕生した5台目のモデルであり、高い評価を受けているアストンマーティンのダイナミズム、素材クオリティへのこだわりと、ザガート特有のデザイン・ランゲージを巧みに融合させています。Vanquish Zagatoは、目を見張るようなスポーツ性に加え、アストンマーティンの手になるビスポーク・ラグジュアリーの究極の形を示すものです。

ザガートとのコラボレーションの歴史は、1960年に発表され、美しいシルエットが特徴のDB4 GT Zagatoレーシングカーにまで遡ることができます。このクルマは現在1,000万ポンド以上の価値があるとされています。その後、1986年にはV8 Vantage Zagato、2002年にはDB7 Vantage Zagato、2011年にはV12 Vantage Zagatoが発表されました。

Vanquish Zagatoは、アストンマーティンのGTカー・ラインナップに追加されたパワフルなモデルです。このクルマは、アストンマーティンが本質的に備えている高い洗練性と能力と、モータースポーツの世界から生まれ、何年にもわたってエレガントなラグジュアリー・スポーツカーを磨き上げてきたザガートならではのデザイン・エレメントが見事に融合しています。新しいボディワークは、すべてがカーボンファイバーで製作され、大きな1ピースパネルを使うことによって、ボディパネルの継ぎ目に現れるスプリット・ラインを大幅に削減しています。
ルーフには、アイコン的な“ダブル・バブル”が施され、なだらかなルーフラインの曲線がそのままリア・ウインドウへと繋がり、特徴的なリア・シルエットを創出しています。“ダブル・バブル”は、1950年代初頭からザガート・デザインのシンボルとみなされていますが、本来は空力への影響を最小限に抑えつつ、ヘルメットを着用したレーシングドライバーのヘッドクリアランスを確保するために採用されたデザインでした。

Vanquish Zagatoは、両ブランドの歴史に新たなページを書き加えると同時に、アストンマーティン・ブランドを代表するアイコン・モデルにふさわしい、真にエクスクルーシブなスポーティングGTに仕上がっています。お客様への納車は、2017年第1四半期から開始される予定です。

アストンマーティン・アジア・パシフィック社長のパトリック・ニルソンは、次のように述べています。「Vanquish Zagatoを、主要なマーケットである日本に導入することができて、大変嬉しく思っています。私たちは、日本のコレクターズ・マーケットから強い要望を受けてきました。そのため、今回のイベントは、この躍動感溢れる新しい限定生産モデルを、じっくりと見て頂く素晴らしい機会となりました。」

2016年モデルのアストンマーティンV8 Vantage GTEレーシングカーをインスピレーションの源とするVantage GT8は、正真正銘のサラブレッドです。V8 Vantage史上最軽量、最強のモデルは、ドラマチックなフォルムを見せるカーボンファイバー・ボディワークを基礎として、レース直系の空力テクノロジーを応用しています。サーキット走行を想定してチューンされたシャーシは極めてシャープな俊敏性を実現、改良が施されたアストンマーティン製4.7リッターV8エンジンは、6速マニュアルまたは7速 Sportshift™ IIパドルシフト・トランスミッションと組み合わされます。Vantage GT8は、圧倒的なスタイルと存在感でその出自を主張し、類まれなドライビング・エクスペリエンスを提供します。

ノーズからテールまで、レースの息吹を感じさせるものの、Vantage GT8はあくまでロードカーです。アストンマーティン・レーシングのWECマシンとの繋がりが明白なワイドボディと空力処理が施されたVantage GT8には、フロント・スプリッター、フロント/リア・バンパー、フェンダー、サイドシル、リア・ディフューザーに軽量なカーボンファイバーが使われています。外観でもっとも目を引くのは、GTEマシンを彷彿とさせるフロント・ホイールアーチのカットアウェイ処理でしょう。さらにエアロダイナミクスを追求したい場合に備えて、大型リアウィングとフロント・スプリッター・コーナーエレメントで構成されるエアロパックをオプション設定しています。

軽量化によるパフォーマンスの向上が、Vantage GT8最大のテーマです。リチウムイオン・バッテリーを標準装備して貴重な数キログラムを削減したほか、カーボンファイバー・ルーフ、ポリカーボネート・リア・ウィンドスクリーン/リア・サイド・ウインドウ、センター出しチタン・エキゾースト・システムなどいっそうの軽量化オプション設定されています。標準装備のカーボンファイバー・スポーツシート(マニュアル調整式。軽量化に貢献)やカーボンファイバー・ドアパネルと相まって、最大で100kgの軽量化を実現するVantage GT8は、Vantage史上最軽量モデルとなります。エアコンディショナー、160Wオーディオ・システム、先進のAMi IIIインフォテインメント・システムなど、プレミアム・ロードゴーイングGTには不可欠なアイテムも標準装備されます。

また、ニルソンは次ように付け加えています。「103年に及ぶアストンマーティンの歴史の中で、モータースポーツは大きな役割を果たしてきました。Vantage GT8は、究極のロードカーを製作するためのル・マン・レーシング・プログラムの能力を結集して製作したモデルです。コレクターの方々に加えて、真のドライビング・エンスージアストに訴求するこのモデルは、世界デビューの時点で「完売」したことが正式に発表されています。Vantage GT8は、全世界でわずか150台のみが限定製作されます。そのうち、日本には5台が導入されます。お客様への納車は、2016年第4四半期から開始される予定です。」

Vanquish Zagato とVantage GT8の日本国内における価格は下記のとおりです。
・Vanquish Zagato 85,100,000円(税込)
・Vantage GT8 27,700,000円(マニュアルトランスミッション/税込)
 28,272,400円(スポーツシフト/税込)

今回のイベントの模様(画像データ)は下記よりダウンロードいただけます。