logo_db11.png

  • 17 Oct 2017

    DB11 Volante:究極のコンバーチブル・スポーツGTが復活

    アストマーティン・コンバーチブル・スポーツGTの最新の進化形新しい4.0リッター・ツインターボV8により、パワーと効率、スポーティなキャラクターを高次元で融合豊富に用意されたインテリアのオプションによりカスタマイズの可能性も拡大即時受注受け付けを開始して2018年春から納車2017年10月13日、ニューヨーク:アストンマーティは、待望のDB11 Volanteを発表し、エレガンスを極めるアストンマーティン・コンバーチブルの歴史に新たなページを書き加えます。昨年発売され、高い評価を得ているDB11 Coupeに続き、DB11 Volanteは、パフォーマンス、イノベーション、スタイルの面で新たな基準を打ち立て、オープントップ・スポーツGTの頂点を極めるクルマとして登場します。510PSを発生する新しい4.0リッター・ツインターボV8エンジンを搭載するDB11 Volanteは、DB11 Coupeで初導入された、まったく新しい接着工法によるアルミニウム構造をベースにしています。従来のモデルより軽く高剛性のボディを採用したことで、あらゆる面でGTカーとしての資質が高まっています。動力性能とハンドリングの向上によりスポーツ性が強化される一方で、デザインの洗練度、快適性、室内居住性が改善されたことで、オールラウンドなグランドツアラーとしての完成度も向上しています。その幅広い潜在能力は、3ステージのパワートレイン&シャシーモードを介して引き出すことが可能です。ドライバーは、路面状況、天候や気分に合わせて、エンジン・レスポンスやシャシーの特性を調整することができます。そのとき、パドルシフトを備えた8速オートマチック・トランスミッション、電動パワーステアリング、ダイナミック・トルク・ベクタリングの機能を備えたリミテッドスリップ・ディファレンシャルも連動してプログラムが調整されます。ステアリング・ヒーターなどの快適装置は、年間を通してオープンエアモータリングを楽しむ助けとなるでしょう。後席にはISOFIXのアタッチメントポイントも設置され、DB11 Volanteの使い勝手を広げています。視覚面でDB11 Volanteの特徴となるのは、DB11 Coupe譲りの鮮烈なワンピース・アルミボンネット、革新的な「カーリキュー」(渦流)と呼ばれるエアロダイナミック機能、シートバックに採用された新しいウッドもしくはカーボンファイバー製パネル、ボルドーレッド、ブラックシルバーもしくはグレーシルバーの3つカラーが選択できる美しいソフトトップ、大胆なC字型のグラフィックを描き出すドラマティックで非常にスリムな「ライトブレード」テールライト、斬新なデザインの鍛造アロイホイールなどです。それらにより、DB11 Volanteのキャラクターを完璧に表現した、スマートで引き締まったフォルムが完成しています。DB11 [...]
    >

    DB11 Volante:究極のコンバーチブル・スポーツGTが復活

  • 28 Jun 2017

    アストンマーティン、DB11にスポーティなV8エンジン搭載モデルを追加

    < >はツインターボ4.0リッターV8または5.2リッターV12エンジンを選択可能< >V8エンジンは、503bhpのパワーと675Nmのトルクを発揮 
    2017年6月28日、ゲイドン(英国):
    2016年に発表されたDB11は、世界中で非常に高い評価を得ています。今回、このアストンマーティンの主力GTモデルに、4.0リッター・ツインターボV8エンジンを搭載したモデルが追加されました。新しいパワーユニットは、DB11のスポーティなキャラクターを強調する一方で、卓越したパフォーマンスと優れた効率を組み合わせることで、グローバル・モデルとしての魅力をさらに高めています。これにより、DB11は、既存の5.2リッター・ツインターボV12エンジンと共に、極めて魅力的な2つの選択肢をお客様に提供することになります。
     
    V8エンジンを搭載したDB11は、最高出力510PS(503php)、最大トルク675Nmという圧倒的なパワーを発生。0~100km/h加速はわずか4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)に達します。その一方で、このエンジンは効率にも優れています。CO2排出量は230g/km1で、EU複合サイクルにおける燃料消費量は28.5mpg1(約12.1km/ℓ)です。この新しいV8エンジンは、自動車税がエンジン排気量に応じて課税される中国などの市場において、大きなメリットをもたらすでしょう。
     
    アストンマーティン・チーフ・テクニカル・オフィサーのマックス・スウェイは、次のようにコメントしています。「エンジニアという立場から見ても、DB11は非常に魅力的なクルマです。そのキャラクターと性能には、奥深さを感じます。もちろん、V12エンジン搭載車は究極のアイコンであることに疑問の余地はありません。しかし、V8モデルにも独自の魅力が備わっています。このモデルは、丁寧に作り込まれた独自のキャラクターが大きな特徴となっています。新しいエンジンは、そのサウンドとパフォーマンスの両面で、太鼓判を押すにふさわしい完成度を誇っています。このエンジンの特性により、DB11のスポーティなキャラクターがさらに引き上げられています。」
     
    「アストンマーティンと当社のお客様にとって、類まれな2種類のGTカーを提供できることは、本当に素晴らしいことです。今回、我々のテクニカル・パートナーであるメルセデス-AMGから供給されたエンジンを搭載した最初のクルマを発表できたことを、大変光栄に思っています。さらに、我々には、この優れたパワーユニットを、アストンマーティンが求めるニーズと要望を満たすように改良を加える自由が与えられました。これは、AMGとの良好なパートナーシップによって実現したものです。」
     
    軽量、コンパクトで豊かなキャラクターを備えたこのパワーユニットは、既存のV12エンジンとともに、お客様に魅力的な選択肢を提供します。アストンマーティンのエンジニアリング・チームは、専用のエア・インテーク、エキゾースト・システム、ウェットサンプ潤滑システムを装着して、このV8エンジンをDB11のキャラクターに完璧に適合するよう調整しています。
     
    さらに、V8エンジンの電子的なキャリブレーションも行ない、新しいECUソフトを開発してエンジンのリプログラミングとスロットル・マッピングを行ない、アストンマーティンならではのエンジン・フィールとサウンドを実現しています。
     
    V12エンジンを搭載したDB11は、その強大なパワーにより、ハイパフォーマンス・ラグジュアリーGTとしての名声を揺るぎないものとしています。今回、V8エンジン搭載車が追加されることで、DB11のスポーティなキャラクターが強調され、お客様に理想的な2つの選択肢を提供することになります。
     
    アストンマーティンのエンジニアは、車両の重心を下げるため、新しいエンジン・マウント、専用のスリムなウェットサンプ・システムを設計して、V8エンジンをエンジンルームのなるべく低い位置に搭載することを可能にしました。このエンジンは、V12エンジンと比べて軽量かつコンパクトなため、115kgの軽量化にも貢献しています。その結果、V8モデルの装備重量は、1,760kgとなっています。
     
    さらに、ホイールベースのより中心に近い位置にエンジンを搭載することにより、俊敏性も向上しています。V8エンジンを搭載したDB11は、細部に至るまで完璧な改良が施されています。その範囲は、サスペンション・ブッシュ、ジオメトリ、アンチロールバー、スプリング、ダンパーから、ESPソフトウェアにまで及んでいます。V12モデルとの差別化を明確にするため、ダイナミックなキャラクターを注意深く創出することより、V8モデルは、スポーティ志向で、洗練され、快適なGTモデルを求めるお客様にアピールするクルマに仕上がっています。
     
    これらの2種類のモデルは、エクステリアの見た目もわずかに異なっています。V8モデルには、専用のアロイ・ホイール、ダーク・ヘッドランプ・ベゼル、2つのボンネット・ベント(V12モデルでは4つ)が装備されます。ボンネット・ベントは、ブラックまたはチタニウム仕上げを選択することが可能で、ここでも12気筒エンジン搭載モデルとは差別化が図られています。
     
    一方、インテリアでは、V8およびV12モデルともに、標準の装備グレードが採用され、広範囲なカラーおよびトリム・オプションの選択肢も同一となります。さらなる個性を求めるお客様のために、V12モデルと同じオプション・パック、デザイナー仕様のパッケージに加え、「Q by Aston Martin - Collection」オプションも設定されています。
     
    アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、V8エンジンを搭載したDB11について次のように述べています。「DB11は、アストンマーティン史上もっとも完成度が高く、洗練されたクルマです。今回、新たにV8エンジン搭載車が加わったことにより、卓越したパフォーマンスを実現しながらも、他のライバルとは一線を画したアストンマーティンならではの印象的なキャラクターを備えたクルマを提供することにより、DB11の魅力を世界中のより多くのお客様に拡大します。V8モデルは、開発段階で試験走行を繰り返したことにより、エンジンの変更のみにとどまらず、V12モデルとは異なる独自の個性を持った類まれなGTカーとして、ダイナミックな変貌を遂げています。」
     
    V8エンジンを搭載したDB11は、既に販売を開始しています。希望小売価格は、それぞれ、£144,900(英国)、€184,000(ドイツ)、$198,995(米国)からとなります。納車は、2017年の第4四半期から開始される予定です。V8エンジンを搭載したDB11は、今週末に英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でデビューを飾ります。
     
    DB11、V8モデルの画像はこちらからダウンロードいただけます。
    >

    アストンマーティン、DB11にスポーティなV8エンジン搭載モデルを追加

  • 15 Mar 2017

    DB11 の新しいV12 エンジンの製造が、 ​アストンマーティン・エンジン・プラントで開始

    新しい5.2 リッター・ツインターボV12 エンジンの製造は、12 年の歴史を持つAMEP の新たな章のはじまりを示す最初の「ジョブ1」DB11 エンジンのラインオフと共にフル製造を開始2004 年の開設以来、AMEP では約40,000 基のV12 エンジンを製造2016 [...]
    >

    DB11 の新しいV12 エンジンの製造が、
    ​アストンマーティン・エンジン・プラントで開始

  • 15 Mar 2017

    アストンマーティンDB11が日本でデビュー

    新型DB11が日本で公式デビューDB11はアストンマーティンの「第2世紀」に向けた第1作DB史上最速かつ最もパワフルなモデル2016年9月1日、東京: 昨日、新型アストンマーティンDB11が、赤坂のザ・キャピトルホテル東急において、日本のお客様に初公開されました。今年の3月に開催された第86回ジュネーブ・モーターショーで発表されたDB11は、メディアから常に高い注目を集める存在となっています。昨日行なわれたイベントにおいて、200人を超えるゲストの方々は、この待望のニューモデルを間近で体験することができました。DB11は、アストンマーティンによる「第2世紀」プランの下で発表された最初の製品です。フレッシュで印象的なデザイン言語が具現化され、エアロダイナミクスの最先端を追求しています。また、パワーユニットには、自社設計の新しい5.2リッターV12ツインターボ・エンジンが搭載されています。アストンマーティンの新時代のデザインを予見させるDB11は、DB2/4、DB5、そして最近ではジェームズ・ボンドのために特別に開発されたDB10と続いてきた、伝統の系譜を受け継ぐ最新のランドマーク・モデルです。DB11には、新鮮なデザイン・シグネチャーが散りばめられ、形態と機能の新たな関係を創造しています。アストンマーティン・アジア・パシフィック代表のパトリック・ニルソンは、発表会の席で次のように述べています。「ここ東京で、新型DB11を日本のお客様に初公開できることを大変嬉しく思います。日本は、アストンマーティンにとって非常に重要な市場です。アストンマーティンは日本に継続的な投資を行なっており、今年に入ってから、広島と福岡に世界クラスの新しいディーラーを開設しています。DB11は、日本のお客様が期待する全てのものを提供できると確信しています。」他のアストンマーティン・モデルと同様、DB11のエンジンもフロントのボンネット下に搭載されています。新開発されたこのエンジンは、608PSの最高出力と700Nmの最大トルクを発生します。DB11は、0〜100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は322km/hに達し、ダイナミクスと加速の点でもDB史上最速です。AピラーからCピラーまで連続するルーフ・ストレーキにより、ダイナミックなデザイン・プロフィールが描き出されています。クリーンなラインはリアまで継続、デッキリッドのスロープを経由して彫刻的造型が施されたテールライトに溶け込み、新鮮で、ひと目見た瞬間から忘れないグラフィックを生み出しています。革新的なエアロダイナミクスは、ボディ表面だけでなく、下面を流れるエアフローのマネージメントを行い、安定性を向上させつつ、アストンマーティン特有の流麗な面構成の実現に貢献しています。エラを連想させるカーリキューは、デザインが見直されたサイド・ストレーキの隠しベントを介して、ホイールアーチから高圧を排出してフロントリフトを抑えます。一方、リアエンドリフトは、左右Cピラー基部のエア・インテークによるバーチャル・スポイラーとして機能するアストンマーティン・エアロブレード™が制御します。エアは一旦ボディワーク内部に取り込まれ、リア・デッキリッド開口部から高速で排出されます。ニルソンは、次ように付け加えています。「アストンマーティンは高級自動車市場で103年の伝統を持っています。DB11において、私たちは最新のテクノロジーと最高品質のクラフツマンシップを融合し、絶対的なエレガンスとラグジュアリーの面において頂点に君臨するニューモデルを製作しました。DB11には、アジア太平洋地域、とくに日本から、かつてない程の大きな期待が寄せられています。この需要は、2017年を通して続くと期待されています。」DB11の発表に合わせ、今月の初めに発表された、伝統的な英国ブランドのハケットとアストンマーティンのパートナーシップを記念した2016秋/冬用のカプセル・コレクション、「Aston Martin by Hackett」も展示されました。DB11のメーカー希望小売価格は、23,800,000円からに設定されています。日本におけるDB11の納車は、2016年末からを予定しています。DB11の東京初公開の模様はこちらからダウンロード可能です。
    >

    アストンマーティンDB11が日本でデビュー

  • 15 Mar 2017

    アストンマーティンDB11 ​「On Ice」プログラムでアジア太平洋デビュー

    アジア太平洋地域のお客様がDB11を初めてドライブ「New Zealand On Ice」向けに用意されたモデルのうちの1台として登場50人のお客様が、アジア太平洋地域で初開催された「Art of Living by Aston Martin」イベントを体験2016年9月1日、クイーンズタウン(ニュージーランド):新型アストンマーティンDB11が、アジア太平洋地域でデビューを果たしました。ニュージーランドで初開催された壮大なスケールの氷上をドライブする「On Ice」プログラムに登場しました。このイベントでは、ニュージーランドの広大な自然の下で、世界中から参加した合計50人のお客様が、新型DB11を含む最新のアストンマーティン・ラインナップのスリリングなドライビングを楽しみました。今年の4月に発表された「New [...]
    >

    アストンマーティンDB11
    ​「On Ice」プログラムでアジア太平洋デビュー

  • 15 Mar 2017

    アストンマーティン DB11 を日本公式初公開
    ​DB11 Japan Premiere のご案内

    拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。    来たる 8 月 31 日(水)、アストンマーティン・ジャパンは最新モデルである DB11 を国内にて公式初公開いたします。    今年 3 月のジュネーブで発表された [...]
    >

    アストンマーティン DB11 を日本公式初公開
    ​DB11 Japan Premiere のご案内

  • 15 Mar 2017

    DB11 がプレステージ性の高い「カーデザイン・アワード2016」を受賞

    新型アストンマーティンDB11 の初受賞10 社の国際的自動車雑誌を代表する審査委員会がDB11 を最優秀賞に選出2016 年6 月15 日、フランクフルト/トリノ:アストンマーティンは、イタリアで開催されている「Salone dell’ Auto Torino」(トリノ自動車見本市)において、プレステージ性の高い「カーデザイン・アワード」を獲得しました。10 [...]
    >

    DB11 がプレステージ性の高い「カーデザイン・アワード2016」を受賞

@astonmartinlagonda


FOLLOW US ON INSTAGRAM


main image twitter '.$author.'
main image twitter '.$author.'
main image twitter '.$author.'
main image twitter '.$author.'
main image twitter '.$author.'
main image twitter '.$author.'

GLOBAL COMMUNICATION TEAM

SIMON SPROULE
VICE PRESIDENT AND
CHIEF MARKETING OFFICER
+44 (0)7896 621779
simon.sproule@astonmartin.com

KEVIN WATTERS
DIRECTOR OF COMMUNICATIONS
+44 (0)1926 644850
+44 (0)7764 386683
kevin.watters@astonmartin.com

TINA BRENNER
AMR BRANDS CENTERS AND LAUNCH MANAGER
+49 (0)172 823 2375
tina.brenner@astonmartin.com
DAVID ADAMS
PRODUCT PRESS OFFICER
+44 (0)1926 644253
+44 (0)7825 863880
david.adams@astonmartin.com

GRACE BARNIE
CORPORATE PRESS OFFICER
+44 (0)1926 644852
+44 (0)7880 903490
grace.barnie@astonmartin.com

SIMON STRANG
MOTORSPORT PRESS OFFICER
+44 (0)7867 905992
simon.strang@astonmartin.com

JULIEN BAUDON
JUNIOR PRESS OFFICER, UK
+44 (0)7785 238074
julien.baudon@astonmartin.com
RAPHAËLE LOHÉAC-DERBOULLE
LIFESTYLE PRESS OFFICER
+44 (0)1926 644282
+44 (0)7801 265126
raphaele.loheac@astonmartin.com

SOPHIE TOBIN
PRESS OFFICER
+44 (0)7812 679785
+44 (0)1926 644851
sophie.tobin@astonmartin.com

GEORGINA COOK
PRESS OFFICER, UK & SA
+44 (0)7824 408082
georgina.cook1@astonmartin.com

Twitter: @AstonMartinPR
Instagram: AstonMartinLagonda
Facebook: Aston Martin
LEGAL